ケレン味(けれんみ)の意味とは?使い方を例文で分かりやすく紹介

ケレン味(けれんみ)の意味とは?

ケレン味の文字

さて、映画の感想や雑誌などでも見る事があるケレン味(けれんみ)とはどういう意味なのか?

さっそく見ていきましょう!

ケレン味の意味としては

  • ハッタリ
  • ごまかし

を利かせた演出のを指します。

基本的にケレン味というのは「演劇や芸術作品」などの演出で、誇張されたりしている作品を指す言葉

また、元々の意味はネガティブな意味としては「邪道・正統派ではない」演出の意味として使われていました。

 

しかし、現在では映画やアニメ・漫画などでフィクションならではの

  • ワクワクする表現
  • 意表を突いた演出など

昔は邪道と思われていた表現などを今では褒め言葉として、

「ケレン味が効いてる」

と言うようになったんですよ。

なるほど〜。じゃあ、サッカー漫画とかのボールが燃えるとかもケレン味って事だね!

コトハちゃん

コト助くん

そうだね。作品を盛り上げるための「ウソ」という意味って覚えると良いかもね♪

なので、このケレン味というのは「ハッタリやごまかし」自体を指すというより、作品の中での演出での表現に対して使う言葉なんですよ。

 

さて、ここまででケレン味の意味は、なんとなくイメージできたでしょうか?

次の章で、具体的な例文を使って詳しくお伝えしているので、そちらも一緒にチェックしていってください!

じゃあ、ケレン味の使い方を例文で見ていきましょう!

コトハちゃん

オススメの言葉!

ケレン味の使い方!正しく使うには?

ケレン味のない

例えば「ごまかしたりハッタリなどのがない」という作品を見たときは。

◆小説の場合

コト助くん

この〇〇って小説はケレン味がない文章だよね!
こっち系は読まないけどケレン味がないのも面白いよね♪

コトハちゃん

この場合は、嘘偽りや俗受けを狙った「いやらしさ」がないという意味で使わます。

この場合は、一般受けを狙ってなくて正統派な作品だねという褒めことばとして使われています。


↓次のページ↓

 

1 2 3 4